<< 瀬緒越前の○○な話 2013年春アニメ | main | アニメ リトルバスターズ! 第23話「あなたの大切なもののために」感想 >>

アニメ 閃乱カグラ 第11話「決戦天守閣」感想

0
    アニメ 閃乱カグラ 第11話の感想です。見たい方は続きをどうぞ。

    JUGEMテーマ:漫画/アニメ


    第11話「決戦天守閣」

    蛇女子学園への潜入に成功した飛鳥たち4人は雲雀と忍法書を取り戻すため、天守閣へと向かう。
    次々と姿をあらわす警護忍を倒し、ようやく見つけた隠し扉から天守閣に入るが、迷路のような内部には詠たち悪忍が待ち伏せていた。
    斑鳩は、仲間を先に進ませるために自ら忍結界を張り、詠との対戦を決意する。また、柳生、葛城そして飛鳥の行く手にもそれぞれに未来、日影、焔が立ち塞がる。
    その頃、牢屋につながれた雲雀は、春花から蛇女子学園の生徒にかけられている「軛(くびき)の術」=戦いに敗れたものは死んでしまうという術を解けるのは、蛇女子学園のオーナー道元だけだと聞かされる。


    (ニコニコ動画あらすじより)

    回想は負けフラグだといいますが、それの典型的な話でした。特に詠と日影と未来。

    今回は最終回前というわけで、アクションがすごかったです。と同時に、命がけモード(水着)のバーゲンセールでした。気合入ってるなあ。

    それに、鈴音先生の転身。これは大人ながらにレア!

    それ以上に光ったのは、雲雀の忍法!自分の声を、相手の心に響かせるとか、すごい能力です。その前にも、他人のイメージを透視できると分かりましたし、出来損ないと思っていた雲雀が実は、すごい子だったと分かりましたね。

    その相手をした春香ですが、彼女もつらい過去の持ち主だったみたいで。クグツ使いなのは、母が自分を人形扱いした反動なんでしょうか?

    とにかく、雲雀によって真実を知らされた半蔵学一同は、最上階を目指すことになりました。そこにラスボス・道元がいる!果たして、どうなるんでしょうか?

    次回最終回!ラストおっぱいです。





    声の出演

    飛鳥:原田ひとみ
    斑鳩:今井麻美
    葛城:小林ゆう
    柳生:水橋かおり
    雲雀:井口裕香
    焰:喜多村英梨
    詠:茅野愛衣
    日影:白石涼子
    未来:後藤沙緒里
    春花:豊口めぐみ
    霧夜:藤原啓治
    鈴音先生:三森すずこ
    大道寺先輩:浅川悠
    越前☆瀬緒 * ★2013年アニメ * 22:50 * comments(0) * trackbacks(1) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 22:50 * - * - * -

      コメント

      コメントする









      トラックバック

      『閃乱カグラ』 第11話の評判

      『閃乱カグラ』 第11話 「決戦天守閣」閃乱カグラ 第壱巻 [Blu-ray]posted with カエレバ原田ひとみ メディアファクトリー 2013-03-27 Amazonで探す楽天市場で探すYahooショッピングで探すヤフオク!で探す7netで探す価格.comで探すいよいよ最終決戦な『閃乱カグラ

      From 最新アニメ・マンガ 情報局 @ 2013/03/31 10:35 AM
      このページの先頭へ