エイプリルフール2017・レッツトークキメラ最終日「刀剣オンアイス2」

2017.04.08 Saturday 21:05
0
    ヴィクトル「ハーイ!ヴィクトル・ニキフォロフです。前回トークする時間がなくなっちゃったから、パート2を急遽やることになったよ。」

    大和守「あなたが僕で遊んでるからですよ。」

    アミ「やっさださんが悪いわけではありませんよ。私達も前に出てきて話さなかった原因もありますから。」

    勇利「どちらにしろ、時間が来てしまったからしょうがないよ。という訳で、今日もよろしくね。」

    ロメルタ「はい、よろしくお願いします。あの、私達フィギュアスケートを文化祭までにマスターしないといけないのですが、どうしたら上手になれますか?」

    ウズラ「わたちも知りたいです。どうすればその、プロ級になれますか?」

    ヴィクトル「そりゃ、やせないとね。勇利だって豚みたいな体系だったけど、ダイエットしてこんな体系になったんだよ。カロリーが高い食べ物は控えて、ランニングや筋トレとかを毎日欠かさずやって初めて完璧に滑ることが出来るんだよ。」

    ウズラ「いきなりきついこと言われました・・・。」

    ユーリ「さすがヴィクトル、言い方がえげつねぇ。」

    勇利「ヴィクトルはいつもこうだから、気にしないでね。」

    アミ「ウズラさんは今ダイエットの真っ最中です。文化祭までは、スリムになってます!多分。」

    ヴィクトル「ちなみに勇利は1週間で体脂肪をGPF以前まで戻せたんだ。」

    勇利「体型を戻すことにはなれているから・・・。」

    ユーリ「こいつは体力とスタミナだけは人並みはずれているからな。」

    ロメルタ「人間だって本気になれば1週間でやせられるんだ。ウズラさんも本気になろう!」

    アミ「そう、そのためにはスイーツ禁止!ですよね、勇利さん。」

    勇利「うん・・・僕も試合に勝たない限りはカツ丼食べられないし。」

    加州「さっきから俺達置いてきぼりなんだけど。」

    大和守「何の話で盛り上がったの?」

    (刀剣男士は英語が話せません(村正は微妙))

    アミ「私達、文化祭でフィギュアスケートで何かやることになったわけなの。だから文化祭までにスケートがうまくなるにはどうしたらいいかって言うのを、プロの方から教わっていたの。」

    勇利「プロじゃないから、まだ選手だから。」

    (プロは織田信成さんや荒川静香さんなどを言います)

    加州「スケートか・・・。時代によっては氷の上で闘うということもあるから、俺達も倣ったほうがいいのかな?」

    大和守「新撰組はそんな戦いしなかったよね?僕、そういうの初めてだから、旨く戦えるかな?」

    ロメルタ「そうか、氷の上でバトルする演技というのもありか。文化祭でやる演目も気になるけど、そういうのがあったらぜひ習得したいな。」

    アミ「フィギュアスケートは、まさに氷上の芸術格闘技ですから、ぴったりなんじゃない?」

    加州「ヴィクトルさん、どうか俺達のコーチにもなってください!」

    大和守「他の刀剣男士たちにも教えてください!」

    勇利「ダメ。」

    沖田組「え?」

    勇利「ヴィクトルは僕だけのコーチだから、絶対に教わらせない。この指輪に誓って!」

    ヴィクトル「勇利・・・。」

    ユーリ「カツ丼・・・。」

    ヴィクトル「スパシーバ(ぎゅ)、俺も勇利と自分だけでいっぱいいっぱいだったから守ってくれられて本当に感謝してるよ。」

    勇利「(ぎゅ)それがヴィクトルのためだから。」

    ユーリ「・・・お前らどこへ行ってもぶれないな。」

    加州「けち。」

    大和守「せっかく教わるチャンスだったんだけどな。って、どうしたんですか2人とも!」

    アミ「いいぞ、もっとやれ!!」

    ウズラ「この夫婦に幸あれ!」

    ロメルタ「・・・スケートが旨くなるには、この2人を百合女子にしないと無理なのかな?」

    アミ&ウズラ「それだけはいやです。」

    (これにてエイプリルフールは終了!いかがでしたか?7周年を迎えてますます盛り上がる瀬緒ブログを、これからもよろしくお願いします!)

    エイプリルフール2017・レッツトークキメラ7日目「刀剣オンアイス1」

    2017.04.07 Friday 21:45
    0
      加州「主の初期刀、加州清光でーす。」

      勇利「昨日、六つ子君たちに勝手にライバル扱いされた、勝生勇利です。どうしてこんなことになっちゃったの?」

      加州「あれ?大和守安定は?一緒に来てたんだけど、見失っちゃった。」

      勇利「ヴィクトルもだ。一体どこへ・・・。」

      ユーリ「おい、カツ丼と刀野郎。」

      勇利「ユリオ。ヴィクトルたちがどこへ行ったのか知らない?」

      ユーリ「はぁ?それを知らせに来たんだよ。あのはげなら・・・。」

      ヴィクトル「オーゥジャパニーズ刀剣!!」

      大和守「や、やめてください!!触らないでください!!」

      ユーリ「さっきからそこで、あの調子だ。」

      加州「安定!なーにやってるの!?」

      大和守「清光!さっきそっちに行こうと思ったら、変な外国人に襲われて・・・。」

      ヴィクトル「日本文化、新しい発見があって大好きだよ!勇利もユリオもそう思わない?」

      勇利「ヴィークートールー!!!なにやってんの!?いくら刀剣とはいえ、僕にやってるみたいにべたべた触っては迷惑でしょう!」

      ユーリ「恥ずかしくねーのか、もうすぐトークする相手が来るって言うのに、見苦しい姿をさらしていいのか!?」

      ヴィクトル「え?迷惑だった?ゴメンゴメン。」

      大和守「ふう、やっと開放された。」

      加州「まったく、いくら外国人が刀剣好きだからって、刀剣男士にまで手を出されるのはちょっと迷惑だね。」

      勇利「本当にごめんなさい、うちのコーチが迷惑をかけて。」

      ヴィクトル「もしかして勇利、俺がやまとのかみ・・・だっけ?その子と仲良くしていたから、嫉妬したとか?」

      勇利「べ、別にそんなわけじゃ・・・。」

      (ぎゅ)

      ヴィクトル「ゴメンね勇利、もう傷つけたりはしないから。」

      勇利「そう。反省しているのなら許すけど、周りが赤くなってるよ。」

      アミ「尊い・・・。」

      勇利&ヴィクトル「え?」

      ウズラ「無理、しんどい・・・。」

      加州「あの、どうして隠れてるの?こっちに来てよ。」

      アミ「あ、いやお気になさらず。」

      ウズラ「続けてくださいまし。」

      ユーリ「おいお前ら、口からなんか出てるぞ。」

      アミ「いえ、私達はこの距離で見るのがベストポジションなので。」

      ウズラ「目の前でやられると、墓入りしてしまうので・・・。」

      (ボン!!)

      アミ&ウズラ「うわぁ!!!」

      勇利「うわぁ!!!なんか爆発した!」

      ヴィクトル「お嬢ちゃん達、大丈夫?」

      アミ「は、はい。大丈夫です。」

      ウズラ「友達が爆発しただけですから。」

      アミ「分かったよロメルタさん、面と向かって話さないとトークにならないよね。」

      ウズラ「これからきちんとトークします。」

      大和守「友達が爆発って・・・。」

      加州「キメラって読めない奴らばっかりだな。」

      勇利「えっと、君達が僕らのトーク相手だよね?英語大丈夫?」

      アミ「はい、編入する時に英語はみっちり教わったので、ばっちりです。(と英語で話している)」

      ウズラ「キメラフィーネのお嬢様方は、大概英語はぺらぺらですよ。」

      ヴィクトル「ワォ!それじゃ俺やユリオと会話しても大丈夫だね。よろしく頼むよ。ほら、ユリオも。」

      ユーリ「・・・よろしく。いっとくがな、絶対俺のこと「ユリオ」って呼ぶなよ。」

      アミ「じゃあ、ユーラチカでいい?」

      ユーリ「・・・好きにしろ。」

      加州「あの、俺達英語しゃべらないから、何を言ってるのかちんぷんかんぷんで・・・。」

      大和守「通訳してくれないかな?」

      ロメルタ「私でよかったら、やるけど。」

      加州「どこから来たの!?」

      ロメルタ「爆発した残骸から元に戻った。それだけ。」

      勇利「なんか、僕もキメラがどんな奴なのかわからなくなってきた・・・。って、え?もう時間!!?」

      アミ「そんな、まだトークしてないよ!!何で?」

      ロメルタ「アミさん達が陰でこそこそやってるから!」

      アミ「私達のせいだってこと!?勘弁してよ・・・。延長!延長!」

      ヴィクトル「OK、それじゃ明日も君達とトークするよ。それでいいよね?勇利。それと刀剣君たち。」

      一同「・・・はい。」


      ←次回、本当に最終回。(延長する予定じゃないじゃなかったんだけどなあ。)

      エイプリルフール2017・レッツトークキメラ6日目「六つ子と九つ子」

      2017.04.06 Thursday 22:19
      0
        おそ松「松野家長男、おそ松でーっす!今日は、キメラとトークするためにきたよ!もちろん重大発表も引っさげてね。」

        カラ松「フッ、全国のカラ松ガールズのみんな、待たせたな。重大発表というのはだな・・・。」

        チョロ松「カラ松兄さん、発表するの早いって。」

        一松「クソ松はろくなこと言わないから黙れ。」

        カラ松「え?まだ言っちゃいけないの?」

        十四松「だってだって、トークする相手、こないんだもん!野球できないよ!」

        トド松「野球とトークは別だよ十四松兄さん。」

        おそ松「あ、来た来た。」

        リューク「旅濱九男、リュークだ。」

        ミラー「十男ミラー。」

        ミハエル「十一男ミハエル。」

        セラス「十二男セラスです。」

        サイラス「十三男サイラスだよ。」

        ノエル「九女ノエルです。」

        クラメ「十女クラメよ。」

        セリ「十一女セリだ。」

        カリーナ「十二女カリーナだよ。」

        旅濱九つ子「旅濱九つ子です!」

        おそ松「ウソ!?九つ!?俺達超えちゃってるし!!」

        チョロ松「いやいやありえないって!」

        リューク「キメラだから、ありえるんじゃないか?」

        ノエル「そうよ、リュークが言うから間違いないわ。」

        ミハエル「それで、重大発表ってなんですか?」

        チョロ松「強引に本題に持ってきた!というか、僕的にはキメラの九つ子にもっと突っ込みを入れたいところだけど、ここは重大発表をしちゃったほうがいいんじゃないの!?」

        トド松「ライジングシコースキー兄さん、九つ子にいちいち突っ込みいれたら時間が掛かっちゃうよ。あ、女の子達、あとでLINE交換しよ!」

        セリ「お断りだな。」

        クラメ「好きな殿方いますし。」

        一松「残念だったな、トッティ。」

        トド松「・・・もう!おそ松兄さん、重大発表しちゃって!」

        おそ松「それじゃしちゃうよ!!せーの、」

        おそ松さん、第2期制作決定!!!

        ミハエル「マジですか!!!」

        カラ松「ああ、マジd」

        十四松「ふっかツーシーム!!!みんなのおかげでぼくたちまたアニメになるよー!!!」

        カラ松「十四まーーーーーーーつ!!!」

        十四松「え?何で怒ってんの?」

        一松「クソ松ざまぁ。」

        おそ松「という訳で、おそ松ロスになっていたファンのみんな、2期まで競馬やパチンコでもやってまっていてくれよ!フィギュアスケートやってるやつらよりはましだから、動かなくてらくだから。」

        セラス「何気にライバル宣言していますが?(楽屋をちら見)」

        -楽屋-

        勇利「次回最後で僕ら担当だけど、やりづらくなるかなあ?」


        ←次回、最終回。

        エイプリルフール2017・レッツトークキメラ5日目「ココア、スタンド使いになる?」

        2017.04.05 Wednesday 23:41
        0
          承太郎「空条承太郎だ。俺のパートナーは・・・ん?またあんたか。」

          ココア「保登心愛です。この前はどうも。」

          承太郎「自然にしていていいぜ。妙に改まると、俺もやりづれぇ。」

          ココア「あ、同じ高校生か。で、でも、承太郎さんのほうが年上ですよね?」

          承太郎「ああ、でも花京院は俺よりも年下だが、敬語は使わなかった。学セーは学セー同士だとかいうやつだな。」

          ココア「友達になったから・・・じゃないでしょうか?」

          承太郎「確かに、アイツは俺と知り合う前は一人ぼっちだったからな。・・・ン?お前らトーク相手か?何を泣いているのだ?」

          フウリ「感激しているんです。」

          ヒヨリ「あと、花京院さんの話題が出たからです。」

          フウリ「こんな日が来るとは・・・ジョジョファンでよかった・・・。」

          ヒヨリ「まさにドリームトークです。でも何を話したらいいのかわからなくて・・・。」

          ココア「ああ、泣かないでください!はい、コーヒーでも飲んで落ち着いてください!」

          ヒヨリ「さすがラビットハウスでバイトしているだけありますね。お客さんの対応がなれてます。」

          ココア「へへ、最初は苦労したんですよ。今もですけど。でも、お会計は得意です(どや)。」

          承太郎「よく客が不快に思わねーな。」

          ココア「常連だらけですから。」

          フウリ「はぁー、落ち着いた。あ、そうだ。承太郎さんにお願いがあるんですけど。」

          承太郎「なんだ?」

          フウリ「スタープラチナの能力を、生で見せてください!お願いします!」

          ヒヨリ「私も見たいです!」

          承太郎「お前ら、キメラだよな。キメラはスタンドが見えるのか?」

          フウリ「いえ、全然。でも、能力だけは見せてくれたらうれしいなって思いまして。(せっかくのチャンスだ。子の目に焼き付けておかないと、後悔するッ)」

          承太郎「で、何が見たいんだ?」

          葵夜酉ツインズ「超細かいスケッチです!」

          フウリ「なぜなら、時間を止めることは俺達も止まってしまうので。」

          承太郎「やれやれ、それだけのことか。よし、特別だ。そこの未来のバリスタを書いてやるぜ。」

          ココア「え?私ですか?いいんでしょうか?」

          承太郎「スタープラチナ!」

          フウリ「あ、スケッチブックとペンがひとりでに動いてサラサラと書いていく!!」

          ヒヨリ「すごく細かいです!こんなところまで描くなんて!」

          承太郎「完成だ。」

          ココア「すごい!写真みたいです!私も、スタンドって奴を使ってみたいです!そして、スタンドも使えるバリスタになりたいです!」

          フウリ「ココアさん、決意はいいけど、覚悟が必要だよ。死の覚悟が出来なければ、スタンド使いにはなれない。」

          ヒヨリ「私達はそれをよーく知ってます。」

          承太郎「何を言っているのかは分からないが、ともかくコーヒーで一息つくか。」

          ココア「何が悪いんですか?詳しく教えてください!!」


          ←続く

          エイプリルフール2017・レッツトークキメラ4日目「俺達って似てるよね2」

          2017.04.04 Tuesday 22:25
          0
            遙「あれ?昨日のグループ。まだトーク終わってなかったの?」

            シグレ「待ちきれなくて、もう来ちゃったよ。」

            真琴「ハル、俺は帰っていいかな?」

            遙「いや、帰らなくていい。俺がさびしい。」

            カナメ「あ、シグレ。ちょうどよかった。実は・・・。」

            黒子「僕らがトークする相手、鏡を見るようにすっごくそっくりで・・・。」

            リョーマ&ゼノン「何を話したらいいのか、わからなくなったっす。」

            モグル「なるほど、話は聞かせてもらった。それならばこの私が独断で決めておく。ずばり、ここに居る橘真琴の趣味にあやかって、家族の話をする。」

            真琴「え?そりゃ俺は弟や妹の世話はするけど・・・。」

            モグル「私も家族は大事にするぞ。特に父。こんな調子で家族の話をしていくのだ。さあ。まずはテツヤ君から。」

            黒子「・・・。僕の家は兄弟がいないので、なんともいえないのですが・・・。」

            モグル「影が薄い以外はなんか面白くない奴だな。次、そっくりな臼井。」

            カナメ「弟が二人いますね。僕と同じように、気配を消すことが出来るかは・・・。」

            真琴「いいよね、兄弟がいるって。」

            遙「次は越前。」

            リョーマ「俺んちはオヤジとお袋、従姉妹の奈々子さんと猫が一匹。」

            シグレ「ペットがいるのか。少しうらやましい。」

            モグル「水無月はどうなんだ?」

            ゼノン「ペットはいないっす。けど、ペット成分はおれ自身で満たしてるっすよ。」

            リョーマ「それってまさか・・・。」

            ゼノン「キメラ能力で、癒しを補充するっす。こうやって・・・。」

            遙「頭に角が・・・。」

            真琴「やっぱり人間じゃなかったんだな。」

            黒子「角を触るんですか。それだけで癒されるのも珍しいです。」

            モグル「今まで何を話したらいいのかわからなかったが、こうやってテーマを表示するだけで、すぐに打ち解ける。まとまりという物はすばらしいな。」

            シグレ「先輩が勝手に始めて、勝手に締めるんですか。」


            ←続く

            エイプリルフール2017・レッツトークキメラ3日目「俺達って似てるよね1」

            2017.04.03 Monday 22:49
            0
              リョーマ「どうも、リョーマっす。」

              黒子「黒子テツヤです。今回トークするのは、キメラだって聞いたんですけど・・・大丈夫?」

              リョーマ「大丈夫じゃない?一応無害だって聞いたから。」

              ゼノン「疑いかけられて悪かったっすね。」

              カナメ「遅くなりました。」

              リョーマ「あれ?どっかで見たような感じなんだけど。」

              ゼノン「俺もそう思った。」

              黒子「なんだか、雰囲気がどことなく似ている気がします。」

              カナメ「奇遇ですね、僕もそう思いました。」

              4人「・・・。」

              リョーマ「そっくりさん?だよね?」

              ゼノン「そういわれれば、そんな気がしてきた。」

              黒子「この4人でどんな話をすればいいのか・・・。」

              カナメ「明日に持越しかな?」


              ←という訳で明日に続く。(時間ないんですよー)

              エイプリルフール2017・レッツトークキメラ2日目「キメラもヒーローになれますか?」

              2017.04.02 Sunday 23:32
              0
                バーナビー「Hi!タイガー&バニーの眼鏡の方、バーナビーです。先日はおじさん・・・虎徹さんがお世話になったようで。今回は僕も出ますよ。」

                虎徹「はぁ、バニーちゃんも出てくるとやりづらいなあ。あ、どうも!虎徹ことワイルドタイガーです!エー今回はアイドル達と仕事だって!?」

                音也「あ、タイガーさん、先日はどうも!」

                トキヤ「今回は私も一緒ですよ。」

                アサヒ「なるほど、今回は保護者同伴ってわけっすね。あ、アンジェロの赤いほう、木郷アサヒっす!」

                バーナビー&トキヤ「保護者ではありません!」

                ラーチェル「小野塚ラーチェルです。冗談ですよ。今日はよろしくお願いします。」

                虎徹「人間のアイドルにキメラのアイドルねぇ。キメラのほうは、人間と変わりないけど・・・NEXTみたいに何かできるのか?」

                アサヒ「二つ以上の生き物の能力が使えるんす。おれは犬と植物の能力が使えます。」

                音也「うわ、犬耳&尻尾が生えた!すげぇ。」

                ラーチェル「私は生き物の能力に加えて、その能力を最大にする特殊能力が使えます。」

                トキヤ「能力強化ですか。」

                バーナビー「僕と虎徹さんみたいなことが出来るんですね。」

                虎徹「っていうか、キメラで俺達みたいなことができるんだったら、ぶっちゃけ俺達よりもすごいんじゃね?」

                アサヒ「ラーチェルさんみたいな能力が使えるのは、極僅かなキメラだけですよ。(最近ではキメラ工的に特殊能力に目覚めちゃうやつもいるけど。)」

                音也「それでもすげぇ。それを生かせば、タイガーさん達みたいなヒーローになったりして。うらやましいなぁ。アイドルでヒーローだなんて。」

                トキヤ「音也、贅沢は言わないでください。みっともないですよ。」

                アサヒ「おれはST☆RISHがうらやましいっす。」

                音也「何で?」

                アサヒ「ずーっと好きな奴と、一緒にいられるから・・・おれ、好きなやつはいるけど、ずっといられないからさ・・・。」

                トキヤ「ずっとじゃありませんよ。永遠なんて物は、いつか終わってしまうものなんです。だから私達は、一瞬一瞬を大切に過ごしているんです。」

                虎徹「だよなあ、俺もNEXTの力、長く使えないんだよな。だから一瞬一瞬を大切に・・・。」

                バーナビー「そんなことありましたっけ?」

                虎徹「っだっ!あったぜ!つれないなあバニーちゃん。」

                ラーチェル「いい言葉を有難うございます。トキヤさん。これからもアイドル同士、頑張っていきましょう。」

                トキヤ「そうですね。」

                アサヒ「あともう一つ。キメラもヒーローになれますか?」

                バーナビー「正義の心があれば、なれます!ね、おじさん。」

                虎徹「///。」

                音也「ところで、アサヒの好きな子って誰?」

                アサヒ「あ。・・・ではまた次回!」

                ラーチェル「逃げました・・・。」


                ←続く

                エイプリルフール2017・レッツトークキメラ1日目「イタリアを褒めよう」

                2017.04.01 Saturday 22:25
                0
                  伊「チャオ、イタリアだよー。今回はエイプリルフール企画というわけで、俺がキメラのかわいい女の子達とトークするよ!」

                  エンジュ「ごきげんようイタリアさん、今回はよろしくお願いします。」

                  カナヤ「女の子じゃあなくて悪かったな。」

                  伊「あ、ごめんね。そういう意味じゃなかったんだ。でも欲を言えば、女の子がよかったかなって思って・・・。」

                  カナヤ「そうか。あ、俺ピッツア作ってきたんすよ。一緒に食べましょう。」

                  伊「わーい!有難う(グラッツェ)。エンジュちゃんは何を持ってきてくれたの?」

                  エンジュ「手作りのドルチェですが・・・よかったら。」

                  伊「ドルチェー!メレンダには最適だね。有難う(グラッツェ)!で、今回のテーマだけど・・・。」

                  カナヤ「「イタリアを褒めよう」だって。俺達、イタリア出身のキメラだから、こういうのは得意だけど・・・。」

                  伊「何?俺を褒めるの?褒めてくれるの?うれしいな。出来ればたーくさん褒めてね。」

                  エンジュ「こうやって、人の姿をなしている時に、褒めるというのは・・・ちょっと抵抗力があるといいますか・・・。」

                  カナヤ「難しいよな。」

                  エンジュ「ええ。」

                  伊「ええーっ、そうなの?俺を褒めるのってそんなに難しいの?なんだか不安になってきちゃった・・・。」

                  ロマ「おい、馬鹿弟がおろおろしているじゃねーか。さっさと褒めやがれちくしょー。」

                  伊「あ、兄ちゃん。」

                  エンジュ「わ、分かりました。色男が多いです。」

                  伊「おお、いいね。」

                  カナヤ「景観がきれいな場所が多い。」

                  伊「でしょ。」

                  エンジュ「食べ物が多くておいしい。」

                  伊「ボーノ、ボーノ。」

                  カナヤ「サッカーが盛ん。俺も将来はセリエAに入る。」

                  伊「ぜひ入って!」

                  エンジュ「おしゃれなブランドが多い。私もイタリアのブランドを身につけることが多いです。」

                  カナヤ「歴史的芸術家がたくさんいる。人間の世界では、ミケランジェロとかさ・・・。」

                  伊「いやー、こんなに褒められるとは思わなかったよ。」

                  ロマ「なんか、俺も褒められているみたいで、恥ずかしいぞこのやろー。」

                  カナヤ「でもさ、こんなにも褒められているけれども・・・。」

                  エンジュ「ですね。」

                  伊「やめて!ヨーロッパ今でさえ不景気なんだから、現実に引き戻さないで!!」

                  ロマ「俺が助け舟出した意味がねーじゃねーか、ちくしょーーーっ!!!」

                  (最後はヘタレ的なオチでした。)


                  ←続く

                  PR
                  Calender
                    12345
                  6789101112
                  13141516171819
                  20212223242526
                  2728293031  
                  << August 2017 >>
                  いろいろ宣伝
                  うたの☆プリンスさまっ♪All Star After Secret   
DIABOLIK LOVERS DARK FATE
                  Selected entry
                  Category
                  Archives
                  Recent comment
                  Recent trackback
                  Link
                  Profile
                  Search
                  Others
                  Mobile
                  qrcode
                  Powered
                  無料ブログ作成サービス JUGEM